共助・救急キット・応急処置・CSR・FA・F+A・車用AED用救急箱なら非営利型 一般社団法人 FA普及協会FAVT
製品の詳細はこちらからご覧ください。PDFファイルで表示します。

導入・普及活動協力優良企業及び団体

2010年12月 神奈川県秦野市消防本部が市民のためにFAの導入をスタートさせました。
F+A導入
神奈川県秦野市消防本部 車両
F+A導入
奈良県吉野郡川上村
消防団車両

たつの市消防団 新宮
第12分団 【 兵庫 】

たつの市消防団 新宮
第13分団 【 兵庫 】

横浜市交通局 赤いくつ号

横浜市交通局 赤いくつ号
F+A導入

F+A導入

F+A導入

F+A導入

F+A導入
秦野市市民マラソン 丹沢水無川マラソンスタッフ
秦野市は今後市内157箇所にAEDとFAを設置していきます。
F+A導入

F+A導入
波伝説
F+A導入
アウトドアには必需です
F+A導入
商店街の取り組み
F+A導入
(社)神奈川県バス協会・会員企業
神田交通株式会社
F+A導入
早川海陸輸送株式会社
F+A導入
株式会社海成工業
F+A導入
YOKOHAMA THUMBS UP
F+A導入
F+A導入
御菓子司 櫻屋
【 兵庫県 】
F+A導入
株式会社JHS
(ジャパンホットサービス)
F+A導入
油面自転車
F+A導入
多文化まちづくり工房
F+A導入
ユタカトラベル
CSR製品・・・【 FAプロジェクト  助け合う心の社会に・・・ 】 「提供表示式・救急キットFA」を店舗や施設に設置、または車両に搭載します。そしてFAステッカーを貼ることで「提供表示式・救急キットFA」の所在を伝えることが出来ます。災害・事故などの有事の際にこの「提供表示式・救急キットFA」を提供し、助け合う街を創りましょう。

東北地方太平洋沖地震の被災者の皆様へ

3月11日の宮城県三陸沖を震源とした「東北地方太平洋沖地震」におきまして、被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。また、被災者救助や災害対策に全力を尽くしていらっしゃる関係者皆様に敬意と感謝の意を表します。

被災地での医療品等の不足が心配されていました。また、重傷の方の治療が優先で自分達は応急処置すら出来ない。といった声を映像を通し知りました。私達は居ても立ってもいられず、取り急ぎFAキット50セットを社団法人秦野青年会議所・佐藤達也理事長にお願いし被災地に届けて頂きました。
そして社団法人横浜青年会議所からも問い合わせを頂き、FAキット50セットをすぐに送る事も出来ました。
早い対応に感謝しております。

linkmark4/12(火)、MIGHTY CROWN FAMILY のFA50セットなどの救援物資を載せた車両3台が横浜から、
宮城県の石巻から南三陸町への沿岸部の地域に入りました。詳しくは→MIGHTY CROWNのhpより

私達の出来る事は微力ですが、皆様が一日も早く心身ともに安らぐ日が来ますよう心よりお祈り申し上げます。

  非営利型 一般社団法人 FA普及協会FAVT 代表理事 藤原 公生
  FAVT ファミリープロジェクト ボランティアチーム リーダー 井上 真由美

   
 ← 社団法人秦野青年会議所理事長佐藤達也氏とFAVT西神奈川担当本城氏


2015年9月10日、台風18号で鬼怒川が決壊した茨城県常総市の水害について

被害に遭われた皆さまに、心からお見舞い申し上げます。
また、皆さまが一日も早く元の生活をとり戻すようお祈り申し上げます。

2015年9月10日、台風18号の低気圧の影響により、記録的な大雨により常総市の鬼怒川の堤防が決壊し大きな被害が出ました。 常総市の災害救援物資担当の方によると、避難場所や復旧ボランティアの方たちの怪我も多く、消毒薬や絆創膏など必要とされてるのに全く足りていない現状だそうです。

私達は、被害に遭われた方々やボランティアの方々の為に、
手元にあった『提供表示式・救急キットFA』を50個寄付してまいりました。

CSR製品・・・【 助け合う心FA FAプロジェクト 】からお知らせ     助け合う心FA

神奈川の社長TV 番組配信中

このページのトップへ戻ります

HOME